celadon porcelain - 2008/06/11

日常のいろいろ




[PR]



2008年06月11日(Wed)▲ページの先頭へ
肌 トラブル

肌トラブルのひとつに皮膚がかゆい、発疹が出る、などなど、肌に何らかのトラブルがあったとき、通常、私たちはまず皮膚の病気かと思う。
しかし実際には、内臓の疾患が原因で肌になんらかのトラブルを伴っているという場合があるようだ。

肌にトラブルの多くは、発疹。通常、肌のトラブルという場合、まずは、発疹があるかどうかに着目すべき。
発疹がある場合、さて、つぎに発熱があるかどうかをみる。たとえば発疹。発熱がある場合に疑われるのは、まずお子さんの場合だと、
『風疹』『はしか』『水ぼうそう』『猩紅熱(しょうこうねつ)』。
また、大人の場合は、さほど頻繁ではあってませんが、『サルコイドーシス』や『全身性エリマテトー』といった全身性の疾患が疑われる場合も。お子さんの場合も、大人の方の場合も、これらは皮膚科ではなく、小児科や内科の領域を受診することになり。発疹があって、しかも発熱を伴う場合、肌のトラブルではなく、全身的な疾患が疑われることが多い。

また、発疹があって発熱はない、という場合、『アトピー性アレルギー』や、主婦の方に多くみられている『主婦湿疹』、その他『にきび』『乾癬(かんせん)』などが多く疑われ。
これらはいずれも皮膚科を受診すべき症状となる。
発疹があるけれども、発熱がないというときは、比較的それは肌そのもののトラブルであることが多いともいえ、中には『強皮症』(全身性進行性硬化症)といった内科領域の疾患も。・・・肌荒れ(肌あれ)、肌 保湿

肌トラブルには、肌荒れ、発疹、かゆみ、毛穴、乾燥、ニキビと肌トラブルの原因はさまざま。。。トラブルに対して強い肌を作ることを目指してみては? 体の内側から、ご自身が食べる食物のなかで、肌を強くする栄養を多く含むものを積極的に摂取するというのはどうなんでしょうかね。 サプリメントを飲む芸能人はたくさんいるのではないでしょうか。微量でも強力な働きをするビタミン。なかでも皮膚や粘膜の強化し、肌トラブルやしわに役立つといわれているのは、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンA、およびビタミンK。

部屋とワイシャツとはなこ :肌荒れ対策・肌きれいのために・・・(1)
うち日記 :肌荒れ対策
ゆず茶まんじゅう :肌荒れのときのメイク
くまこ日誌 :肌荒れのときのファンデーション