脂肪吸引 失敗

頬の脂肪吸引の失敗について




[PR]



2008年06月19日(Thu)▲ページの先頭へ
頬の脂肪吸引の失敗

顔がふっくらしているとか、頬がふっくらしているとか、顔について悩みを抱えられている方は多いだろう。
頬がたるんでいると年齢より老けた印象を与えることもあり、悩みはさらに増すことがある。

そこで効果があるのが頬の脂肪吸引だ。頬の脂肪をとることでたるみを解消でき、すっきりとした印象を与えることが可能だ。
頬がすっきりすると年齢より若い印象になる可能性もあるため、若返り効果があるとも言われている。

しかし、心配なのは失敗しないか?と言うことだ。
頬の脂肪吸引に限らず、脂肪吸引の仕上がりの度合いは医師の技術次第だと言っても過言ではない。
経験、知識、技術がある医師が施術してくれるのであれば失敗を心配する必要はほとんどないかもしれない。が、そうでない医師が施術すると頬がたるんでしまったり、老け顔になったりという失敗をする可能性が高くなって来る。

そのため、施術する際にはきちんと医師と話をした上で決断をした方が良い。

実際に頬の脂肪吸引をしたあとは、しばらくの間は腫れてしまうので、腫れを防いだり、顔のたるみをおさえるためにテーピングをする必要がある。これをすることで頬の引き締め効果を期待できる。
テーピングをするのは通常2日から3日位なので、施術するときにはそのことも頭に入れておくようにしよう。

以上のことを踏まえて頬の脂肪吸引を考えてみてはいかがだろうか。(脂肪吸引 失敗より引用)

脂肪吸引というと、手術したら終わりと思っていませんか?脂肪吸引手術後のケアが大切。このケアをきちんとするかしないかで仕上がりに大きく違いが出てくるのでは。脂肪吸引しただけでは体型をきれいに保つことは、実は難しいのです。せっかく高いお金をかけて脂肪を除去したのですから、よりきれいを保つためにもぜひケアは続けるようにすることが大切なのではないでしょうか。

ふにゃふにゃ堂 :脂肪吸引の失敗|気になる脂肪吸引の失敗ル
ちびたかのっぽ :失敗いないための脂肪吸引する際のクリニック選び